事故車の定義

事故車の定義

バンパーを修理したら?ドアを修理したら?事故車ってどこまでしたら事故車になるか分からなくないですか?
そこで事故車とはこういう修理をしたら事故車として取り扱われる事をまとめてみました。

基本的に事故車とは、車の幹となるフレームの修理が行われた場合に事故車となります。
分かりやすく言いますと、普段見えている場所の修理は事故車ではなく、修理した車とまります。

但し、例外も御座います。ルーフ(屋根の部分)ここに関しては、落下物でへこんでしまったなどの理由による修理でも場合によっては、修復歴があるからと言って事故車となってしまう場合が御座いますので、ご注意下さい。

バンパーやボンネット、ドア、トランクなど普段見えている箇所の修理(ポールなどに当てた時の凹みや、擦った時のキズなど)は事故車扱いにはなりません。

ご紹介しています業者は、上記箇所の修理で事故車かどうか判断して下さいますが、良くない業者は事故車の定義以外の場所の修理でも事故車扱いして査定を下げてきますのでご注意下さい。

 

サイトマップ